« 海技士(機関)試験例題 その10 | トップページ | 新しい境地へ・・・ 続編 »

2010年7月27日 (火)

新しい境地へ・・・

船舶国籍証書の検認の依頼を受けました。

これまでの依頼のほとんどが海技試験や免状に関連する内容であったので、実に新鮮です。

 

船舶国籍証書とは、船名・船舶所有者・船籍港・総トン数・船舶の用途などなどが記載してあります。

自動車に例えると、車検証が近いと思います。

しかし船舶国籍証書は、文字通り、『その船舶が日本国籍を有する』ことを証明しているものであり、法的に船舶の存在を認めているものです。

非常に重要な書類なんです。

 

さて今回の依頼での私の仕事は、

  • 申請書の作成
  • 添付書類の確認
  • 申請の同行

この3つです。

申請書はもう完成していますので、明日にクライアントからハンコをもらうことになっています。

その際に、用意してくださっている書類の確認をします。

申請はまた後日に行う予定です。

 

今からですが、ちょっとキンチョーしています (;゚∇゚)

 

にほんブログ村 国家試験

にほんブログ村 海事代理士

にほんブログ村 廿日市情報

 ↑ こちらのクリックをお願いします。

ランクアップにご協力をお願いします。

|

« 海技士(機関)試験例題 その10 | トップページ | 新しい境地へ・・・ 続編 »

海事法規」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。