« 新しい境地へ・・・ | トップページ | ゆるいと思います »

2010年7月30日 (金)

新しい境地へ・・・ 続編

先日、船舶国籍証書の検認の申請代行などについて述べました。

今回は、その続きです。

 

今日の午前中、依頼者と一緒に、申請のために運輸局へと行きました。

依頼者は既に運輸局に連絡をし、申請に行くことを伝えていたようです。

根回しをしていただき、ありがとうございました (≧∇≦)

申請書類を測度官と専門官へと提示して、確認をしてもらって・・・

「書類はこれでOKです。・・・では、いつ伺えばいいですか?」

今回の船舶は総トン数が小さいため、実際に船へと測度官が赴き、船舶国籍証書の原本を確認します(船上確認と言います)。

その日時を聞いてきたというワケです。

 

ちなみに『測度官』とは、正しくは『船舶測度官』といい、船舶国籍証書の検認だけでなく、

  • 船舶国籍証書の作成
  • 船舶のトン数に係る証書の作成
  • 船舶件名書の作成、
  • 船舶のトン数の測度の執行

・・・などの職務を行います。

船舶そのものの、法的な存在に関する業務を行っています。

また『専門官』は、測度官を束ねる上司・・・と表現できそうです。

(これであってるかなぁ・・・汗)

 

こちらからは、

「○○日をお願いします」

と伝え、船上確認の日程は決まりました。

その日には、私も船へと赴く予定です。

 

申請はサクッと終わりました。

順調に進みすぎたくらいでした。

帰りには、依頼者と昼食を食べました。

その最中・・・、

「○○丸の検認申請書類も、作ってくれないか?」

新たな依頼です。

 

申請のため提示した書類は発行日から3ヶ月間は有効であると専門官から聞いていました。

上記の○○丸の国籍証書検認の時期が約2ヶ月後と近いので、

「他船の検認申請にも、今回使用した書類は使えますか?」

と聞いていたのです。

また住民票をとってもらうのもメンドーかけますから。

 

○○丸の場合は、今回申請した船舶と若干異なる書類が必要になります。

必要書類を週明けからそろえてもらいます。

初めて手掛けた業務がうまくいったときは、ホッとすると同時にゾクゾクしますね。

(*^_^*)

 

にほんブログ村 国家試験

にほんブログ村 海事代理士

にほんブログ村 廿日市情報

 ↑ こちらのクリックもお願いします。

ランクアップにご協力をお願いします。

|

« 新しい境地へ・・・ | トップページ | ゆるいと思います »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

海事法規」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。