« 気になる連載記事 | トップページ | 遅ればせながら ’12 »

2011年12月21日 (水)

こういうのも久しぶり

今日は運輸局へ、船舶の総トン数の測度に関する相談に行ってました。

 

『総トン数の測度』と書くと、船舶関連以外の方には「?」となるかもしれません。

船舶の大きさを表す数値として『総トン数』があります。

総トン数は、船舶を1つの容器とみなし、その容積に何やらヤヤコシイ係数を掛け合わせた数値をを全て足し合わせたものです。

ただし条件により、容積に含めない箇所もあったり、ヤヤコシイ係数が変わったりします。

容積に含める部分やヤヤコシイ係数に関連しそうな箇所を決定・計測する作業が『測度』です。

 

今回は、船舶の改造箇所が総トン数として計算しなければならないかどうかがイマイチ判断つかなかったため、運輸局の担当者に図面を見てもらったのです。

 

総トン数が増えるのなら、改造箇所の測度をしてもらわなければなりません。

これを『改測』といいます。

改測の結果総トン数が増えたなら、船舶の登録内容も変わってきますので、証書類の書き換えも必要になってきます。

 

今回の改造では、総トン数は増えるようです。

さてさて、これからが本番ですね。

 

・・・で、題意にある『久しぶり』とは何かですが、

JR広島駅から中国運輸局まで歩いたことです。

普段はバスで約5分だったりしますが、今日は徒歩約25分。

疲れるほどではありませんでしたが、運動不足を実感しました。

 

ブログランキング にほんブログ村

 ↑ こちらのクリックもお願いします。

ランクアップにご協力をお願いします。

|

« 気になる連載記事 | トップページ | 遅ればせながら ’12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

海事法規」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。