« 本年度最初の書き込み | トップページ | 船舶職員養成予備講座 改 »

2013年1月22日 (火)

航行安全のために情報収集は大事です

昨年末から今までにかけて、広島湾内や呉、江田島の近辺の海域で、かき(牡蠣)の養殖いかだへの船舶による衝突事例が、再々あるようです。

そのことが新聞に掲載されていましたので読んだのですが、

「何度かここを通ったが、いかだがあることは知らなかった」

衝突時に当直に入っていた航海士はそのように言っていたとか・・・

航海士からそういった発言を聞くとは思いませんでした。

 

知らないところを旅行やドライブなどをする際、地図で下調べしたり、実際に現地に行っても、地図を見たり、カーナビで場所を確認したりは、ほとんどの方がすると思います。

(よっぽどノープラン好きの方は別かもしれませんが)

船舶でも同様です。

地図に相当するものとして『海図』がありますので、それを利用して、航行予定海域について、航路周辺や灯台を調べることができます。

道路と異なり、海上には『○○方面はこちら』などの標識やガードレールはありませんので、海図記載の灯台などを目標にして、

「この●●灯台を○○度の方位で見て、◎◎灯台を△△度の方位で見たら、■■度に変針する」

と、あらかじめ決めておくのです。

他には水深や底質(海底の状態。砂、泥、れきなど)も記載しており、かきいかだのような海上構造物も記載しています。

ですから、海図で下調べをしていたなら、かきいかだの位置がわからないなどということは、まず無いと思います。

 

このような事例がありますので、航海士の方々だけでなく、ボートであちこち行かれる方なども、安全航行のために、海図を利用して情報を集めてください。

 

・・・とここまで書きましたが、いかだへの衝突は、知識の欠如だけが原因ではありません。

夜間などは、見張りや位置確認の不十分が原因で、いかだに乗り上げるボートも、案外いるようです。

これについては、

「しっかりしなはれ」

としか言いようがないですね・・・。

 

ブログランキング にほんブログ村

 ↑ こちらのクリックもお願いします。

ランクアップにご協力をお願いします。

|

« 本年度最初の書き込み | トップページ | 船舶職員養成予備講座 改 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本年度最初の書き込み | トップページ | 船舶職員養成予備講座 改 »